“青春18きっぷ” 1日でどこまで行ける?

Pocket

どこ行こうか。

スポンサーリンク

 

「あのさーこんど青春18きっぷで

どこまで行けるかやってみね?」

−え、まじで言ってんの?

「やろうぜ、どうせ暇でしょ。」

−確かにやることないともう完全廃人だよな。

あれっていくらくらいするんだっけ?

「5回分で1万ちょいだった気がする。」

−1万か。じゃあ一回で2000円くらいか。

でJRならどこでも行けるんでしょ?

「そうそう。各停とか快速ならね。」

−おーなるほどね。

じゃあ来週くらい行ってみるか!

「よっしゃ!」

 

スポンサーリンク

 



 

青春18きっぷとは

img_0151

全国のJR線の普通列車(有料でない列車)

が1日乗り放題になる切符のことです。

料金

発売料金は11850円。

1枚で5回分使えます。

1人で5回分使えるのはもちろんですが

5人で5回分という使い方や

2人で2回分と3回分という使い方もできます。

つまり1回2370円でJRの普通列車であれば

一日中時間の残す限り

日本全国どこへでも行くことができるというわけです。

発売場所

JRの主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、

びゅうプラザ、提携販売センター、主な旅行会社等

発売期間

春:2月20日~3月31日

夏:7月1日〜8月31日

冬:12月1日~12月31日

利用期間

春:3月1日〜4月10日

夏:7月20日~9月10日

冬:12月10日~1月10日

使い方

各駅の改札窓口にいる駅員さんに渡す。

2人だったら“2人分でお願いします”とか言うと

ハンコを押してくれます。

あとは毎回入るときも出るときも見せればOKです。

 

1日でどこまで行けるの?

では、青春18きっぷを使うと

1日でどこまでいけるのでしょうか?

僕はこのきっぷを5回くらい

使ったことがあるのですが

その中で一番長い区間使ったのが

出雲大社に行った時の帰りで。

さすがに各停と快速だけで出雲から1日で

東京に帰ってくるのは厳しかったので

途中、岡山県新見市というところで一旦宿を借りて

次の日そこから東京まで帰りました。

ていうのでその一日をまとめます↓

 

区間

新見駅→東京駅 (岡山県→東京都)

出発・到着時刻

6時半→21時

所要時間

約15時間

乗り換え回数

8回

 

途中下車もせず本当にただひたすら

電車乗り続けてこのくらいの時間です。

東京駅に着いてから自宅まで1時間弱くらい

かかったのでほとんど朝から晩までという感じでした。

15時間もずっとイスに座っていたので

お尻がかなり痛かったです笑

ですが通常11120円かかるところを

2370円で行けたというのは

かなりお得だったと思います!

 

最後に

僕は 新見駅→東京駅 15時間が

1日の最高移動距離ですが

中には1日で東京から九州まで

行けた人もいるみたいです。

 

あと青春18きっぷは年齢に関係なく

誰にでも使える切符なので

どこか旅行に行きたいけど旅費を安く抑えたい。

という方にはかなりオススメです!

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です