超簡単!!驚異の高速暗算テクニック!!

Pocket

えーっと、93×67=…

スポンサーリンク

「おい、先生」

–…ん〜??どうしたの?

「寝てんなよ。終わったよ。テスト。」

–えっ?早くない?

「採点してくれ。」

–わ、わかった。

「どうだ?」

–100点よ…。

「ありがとう。じゃあ帰る。」

–ちょっと待って。どうやってやったの?

普通にやってたらこんな早く終わるはずがない。

よかったら教えてくれる?

「何かくれるのか?」

–え?じゃあいちごオレあげるわ。

「わかった。教えてやる。」

–す、すごい…。

「もういいか?じゃあな。」

–ありがとう…。

あ…あの子、本忘れて行ったわ。

待って!太郎く〜ん!


スポンサーリンク



 

今すぐに身につけられる

簡単な暗算手法を3っ紹介します。

 

11を掛ける掛け算

まず2桁の数×11パターンです。

11ではないほうの2桁の数の各桁を足して

その足した答えを2桁の数の間に入れます。

これで終了。超簡単。

例.53×11=581〔→5+3=8

同様に

27×11=297〔2+7=9

71×11=781〔7+1=8

43×11=473〔4+3=7

2桁の数の和が10以上になった場合

例.69×11=759〔6+9=15

1

659

–––

759

同様に

38×11=418〔3+8=11

84×11=924〔8+4=12

96×11=1056〔9+6=15

 

十位同一位和十

2桁の×2桁の掛け算で

十の位が同じで、一の位の和が10

の場合の計算手法です。

答えは

十位の数に1を足した数を掛けた値で始まり

一の位の積で終わる。

例.45×45=2025〔4×5|5×5 → 20|25〕

                 45

              ×45

              –––

5=  20         ←十位の数に1を足した数を掛けた値で始まり

5×5=      25      ←一の位の積で終わる

              –––

              2025

同様に

76×74=5624〔7×8|6×4 → 56|24〕

58×52=3016〔5×6|8×2 → 30|16〕

91×99=9009〔9×10|1×9 → 90|09〕

 

2桁×2桁

2桁×2桁の掛け算です。

例.93×67=6231

足し算方式

                        93

                      ×67(60+7)   ←ここを足し算に分ける

                    ––––

60×93=     5580   〔60×90+60×3=5400+180〕

  7×93=  +   651   〔7×90+7×3=630+21〕

                    ––––

                      6231

引き算方式

                       93

                    ×67(70–3) ←ここを引き算に分ける

                   ––––

70×93=    6510 〔70×90+70×3=6300+210〕

–3×93= – 279 〔3×90+3×3=270+9〕

                   ––––

                     6231

 


 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です