ダイアログ・インザ・ダークという真っ暗闇の衝撃体験。

Pocket

何も見えない…

A 足もと凸凹してますよ!

B あ、イスありました!!

C ちょっと土の匂いがする。

D こっちです!

E セミの鳴き声だ!

F 待って下さ〜い!!!

G 橋渡りました!僕が最後です!

 

スポンサーリンク



 

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク

に行ってきました。

かなり衝撃でした。

 

DID

ダイアログ・イン・ザ・ダークは

暗闇のソーシャルエンターテインメントとも言われ

光が完全に遮断された空間の中に

グループを組んで入り

視覚障害者の方の誘導によって

中にある様々なシーンを体験します。

1998年、ドイツで

哲学博士アンドレアス・ハイネッケの

発案によって生まれました。

これまで、全世界39カ国、130都市以上で開催され、

2015年現在で800万人を超える人々が体験しているそうです。

 

見えないっ!!

会場に着き、中に入ると始めに

暗闇のエキスパートである

視覚障害者の方の説明を受けます。

説明が終わると杖を一つ持ち

その方の誘導に従って暗闇を体験します。

まずはうっすら明かりの灯った場所に入ります。

そして徐々に暗くなり光が完全に遮断されます。

するともう完全に何も見えなくなります。

本当に何も見えないんです。

少しくらい見えるでしょとか

高を括っていたのですが

本当にまじで何も見えません!

光さえも感じられません。

 

五感フル活用

視覚が全く使えないので

他の感覚を使うしかありません。

最初はどうすればいいのかわからなくて少し混乱しますが、

時間が経つにつれてだんだんと慣れてきて

研ぎ澄まされていくような感覚があります。

そして様々なミッションのようなものを

体験していきます。

僕たちが体験した時のテーマは

“夏休み”だったので

夏休みに関する色々な体験しました。

少年の頃に戻ったかのような

懐かしい体験でした。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

1回行ってみるといいと思います。

声をかけ合うのが超重要です。

テーマも時期によって違うようなので

初めての方はもちろん

リピーターの方でも楽しめると思います。

 

アクセス

東京 外苑前会場

東京都渋谷区神宮前2-8-2 B1F

TEL : 03-3479-9683

・外苑前駅             徒歩8分

・表参道駅             徒歩14分

・千駄ヶ谷駅         徒歩12分

・北参道駅             徒歩13分

・明治神宮前駅     徒歩13分

・原宿駅                 徒歩15分

*駐車場はありません。


 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です