第155回芥川賞!村田紗耶香『コンビニ人間』はなんだか泣けてくる。

Pocket

コンビニ人間。

スポンサーリンク

 

第155回芥川賞を受賞した

村田沙耶香著

『コンビニ人間』。

発売と同時に読んで衝撃を受け

また読んでやっぱり深く面白かったので

感想などを書いていこうと思います。

 

あらすじ

現在36歳の主人公の恵子は

大学を卒業してから就職せずに、

大学時代からやっている

コンビニのアルバイトを18年間続けている。

そんな中、ある日

恵子が働いているコンビニに白羽という男がやってきて

そんな生き方は恥ずかしいと言われる。

 

普通とは?異常とは?

この作品は

普通とは何か?異常とは何か?

ということを

真正面からを問う作品と言われています。

 

誰もが自分の中に

少なからず普通とは違う異常な部分や

誰にもいえない黒い部分や闇だったりを

持っていながらも

そことなんとか折り合いをつけながら

周囲と同調して生きていると思います。

 

そんな中この作品の主人公は

自分が普通とはかなり違うと認識しつつも

周りとはどうも同調できない。

 

だけど目の前にある自分に出来ることを

ただひたすらに迷わずにやっています。

 

真っ直ぐにひたむきに

多くの人は画一化されることを嫌いますが

恵子はそれとは違い自分は画一化されたいと思っています。

徹底的に社会の一部のモノという人材になることで

自分の中に喜びであったり幸せを見出す。

 

そんな通常考えられる普通の人間とは違って

周りからもおかしいと言われながらも

一生懸命にコンビニで働く。

そんなひたむきで真っ直ぐな主人公が

僕はかっこいいと思いました。

 

と同時に人間とはなにかということに

ついて強く考えるきっかけになりました。

 

最後に

僕は最初この作品を読んだ時

なぜか泣いてしまいました。

 

ただの一般人がこんなこと言うのはおこがましいですが

これほどの作品を

あの独特な雰囲気をまとった

おっとりしているように見える作者が

これほど人間の細かい部分まで見て想像して

書いているなんて

すごく不思議な気がしました。

 

でもだからこそ感銘を受けました。

 

芥川賞と聞くと

ちょっと取っつきにくいという部分があるかもしれませんが

この作品は、その中でもかなり読みやすいほうだと思うので

僕のような読むのに時間がかかる方や

普段小説をあまり読まない方にもおすすめです。

 

純文学に慣れていない人というか

こういうなんとなく暗いテーマというのは

読後がすっきりしないものも多く

人によって好き嫌いが別れるとは思いますが

僕にとっては大切な作品になりました。

 

あと、同著者の

性に対する考え方が現代とは全く異なる

少し不気味な世界の話『消滅世界

10人産んだら1人殺していいという制度が

導入された社会の話『殺人出産

家族の根源を問う『タダイマトビラ

という作品もおすすめです!

 





 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です