小説を聴く!?オーディオブックが新感覚でハマってしまった。

Pocket

小説を聴こう。

スポンサーリンク

 

最近、初めて

小説を聴いてみました。

 

その時に使った媒体が

オーディオブックというものです。

 

オーディオブックと聴くと

高い!というイメージがあったのですが

 

最近ではスマホで

オーディオブック配信サービスという

月額で安く使えるサービスがあることを知り

早速使ってみました。

 

オーディオブックってなに?

では

そもそもオーディオブックは何?

ということですが

 

オーディオブックとは“耳で聴く本”です。

 

日本では

AmazonのAudibleや株式会社オトバンクのFeBe

のオーディオブック配信サービスが有名です。

 

読むと聴く。何が違う?

では

オーディオブックで本を聴くということは

通常の本を読むということと

何が違うのでしょうか?

 

臨場感が凄い!

まず

言ってしまえば当たり前なのですが

目で字を見るのと、耳で音を聴くのでは

同じ言葉を追って、想像するものですが

本当に全然違います。

 

小説を音で聴くと

まるで自分が物語の中にいるというような

臨場感があります!

 

これは紙の本やKindleでは味わえない

大きな特徴です。

 

2回楽しめる!

もうひとつが

本を2回楽しめるということです。

 

まず紙の本やKindleで小説を読む。

そしてオーディオブックで小説を聴く。

 

最高に上品な時間の過ごし方のように思います。

 

もし映画やドラマで映像化したら

3回楽しめますね。

 

最後に

ということで

オーディオブックについてでした。

 

聴いてみると予想以上にハマるかもしれません。

 

オーディオブックは

通勤・通学などスキマ時間に

スマホとイヤホンさえあれば

いつでもどこでも聴けるのがいいですね。

 

使い方も

小説を聴くというだけでなくても

語学学習やビジネス書を聴くなど勉強目的で使ったり

落語や対談などを聴いて楽しむなど

様々な目的、用途で使えると思います。

 

 

下の記事で

僕が今使っている

AudibleFeBeという

オーディオブック配信サービスについて書いています↓

 

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です